パッキン取り換えが必須な水道周りの修理工事

水道周りのシンク下の修理工事をする際に、シンク下をのぞき込むと、排水トラップから蛇腹の排水ホースもしくは塩ビ製の排水パイプが接続されています。このホースやパイプが損傷してしまった場合には、水漏れだけではなく下水の臭いや害虫などが部屋の中に侵入してしまう深刻なトラブルが発生してしまう恐れがあります。

■修理で対応可能な場合

排水ホースは経年劣化による破損リスクが高いです。もしも破損した部分が小さければ、その部分に補修用テープを巻くことで、排水ホースの臭いを防ぐことが出来ますし、水漏れ防止にの一役担います。排水ホースと排水パイプの接続部分にできた隙間を防ぐ際には、防臭ゴムを使用することが、一つの方法となります。その際に、排水管の口径を確認して、それに合ったタイプのものを購入してください。口径がわからない場合は、配管用のパテも有効で、排水管の隙間に張り付けるだけで効果をもたらしてくれます。

■排水トラップの交換

排水トラップの損傷も異臭や水漏れの原因の一つで、パッキン取り換えなど部品の交換で修理できる場合もあります。しかし、破損などによって排水トラップの交換が必要な場合は、シンクやメーカーによって大きさが異なるため、取り付ける部分に適したサイズを準備しなければなりません。排水トラップはシンク下の収納庫側から時計回りに回すことで外すことが可能です。長年使用していた場合はゴミや汚れなどによって簡単に外れないこともあります。取り外した後は、新しい排水トラップとパッキン取り換えを行って、しっかりナットを締め付けて交換完了です。

■まとめ
これらの対応でも修理が出来ない場合や自分での交換作業が難しい場合には、水道 修理の専門業者による工事が必要となります。水道周りのシンク下のトラブルを放置しておくことで、水漏れだけではなく住環境の腐敗などの二次被害に繋がりますから、出来るだけ早めの対処が必要です。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ