水道周りの詰まり対処方法

水道周りでシンクの詰まりが発生した場合には、その原因によって対処方法が異なります。蓄積した汚れが原因となっている場合と、誤って異物を流してしまった場合の対処方法について紹介します。

■蓄積した汚れが原因の場合

ホームセンターなどで販売しているパイプクリーナーを使用することで改善されます。まず排水口のフタと、排水バスケットを取り外します。椀トラップは、反時計回りに回すと外れますので、そのまま外してください。次に、使用上の注意を確認したうえで、パイプクリーナーをトラップの穴の中に流します。流し込む量が少なければ効果が出にくいため、使用方法に従いましょう。約1時間程放置しておくことで、排水管の汚れは分解されます。そして、水を流して洗浄は完了ですが、椀トラップを閉めて水を溜めておくことでも、ヘドロなどの悪臭が上がってくることを防ぎます。

■異物を流してしまった場合

排水口に異物を流してしまった場合には、ラバーカップによる対処も一つの方法です。あらかじめカップの上まで水を溜めておきます。次にラバーカップを排水口を覆うように密着をさせて、何度か上下に動かします。この作業を何回か行うことで、排水管に詰まっているものを吸い上げてくれます。
異物が排水ホースなどに引っかかって見えている場合は、ホースなどを接続部分から取り外して直接異物を取り除くことで解決できます。この場合は接続部分にパッキンなどが使用されています。パッキンを付け忘れると水漏れの原因となるため、細かなパーツも忘れず組み立てましょう。

■まとめ
水道周りの軽度な詰まりであれば自分で対応することも可能です。排水口の分解を行う場合も、一つ一つ手順を確認しながら対応すれば自分で修理工事ができます。しかし工具が必要となるため、難しい場合には業者へ修理工事を依頼することをおすすめします。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ