水道周りの詰まりや水漏れは交換工事が必要?長持ちのコツ

水道周りのシンクの詰まりは、トラップやL字の曲がりの場所が特に詰まりやすいところです。この役割は、食べかすなどからくる悪臭をキッチン周りに出さないこと、ゴキブリなどの害虫の侵入を防ぐ役割があります。曲がりくねっている作りであるため、小さな固形物や経年使用した汚れが付着しやすくなっています。汚れを放置していると排水管などにが詰まることによって水漏れが発生したり、排水管の交換工事などが必要になる可能性もあります。

■油は冷えると固体に

揚げ物に使用している油も、排水溝へ流してしまうと冷えて固体になってしまいます。毎日使用しているフライパンに等に付着した油をキッチンペーパーで拭いていても、少量ながら排水口に流れています。油により、キッチンバスケットの網目を塞いでしまいますので、それぞれの効果を弱くしてしまいます。もちろん水切りネットで被せておくことで、詰まりを防ぐことも出きます。油を排水溝へ捨てることは水の汚染など地球環境への問題もありますが、もっと身近な排水溝の詰まりや水漏れの原因となってしまいます。

■配水管は熱に弱い

その他として、熱湯を排水口に流してしまうと排水管が変形してしまい、汚れが付着しやすくなります。排水管は、塩化ビニールの素材でできていますから、高温の熱湯を流すことで軟化してしまいます。インスタントの焼きそばを作った後に流すお湯や、パスタやラーメンを調理した際に流すゆで汁も注意が必要です。この際には、あらかじめ水を流すことでも流した際の温度を下げることが出来ますから、排水管の劣化を防ぐことが出来ます。排水管の変形や劣化は交換工事をすることでしか解決することができませんので、熱湯を捨てる際には同時に水を流してダメージを与えないことが大切です。

■まとめ
水道周りのシンクの汚れは、油汚れはもちろん熱湯を流すことでも排水管を劣化させてしまいます。もちろん用具を使用して毎日清潔にしたうえで予防すること、それぞれ毎日の生活において出てしまうものではありますが、役割を知っておくことにより、トラブルを予防するのに一役担います。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ